Home » 地元の食材

地元の食材井頭温泉チャットパレス

■ 栃木産コシヒカリ ■ メロン ■ なし
日光・那須の山々から流れる清流と、肥沃な大地。専属の契約農家が低農薬、低化学肥料農法で手間暇かけ安心できるお米を作っております。 栃木で実ったコシヒカリは、食感食味が 極めて良好で、炊きたてはもちろん、冷 めても美味しくいただけます。 肥沃な土地に恵まれた栃木県はメロンの産地でもあります。真岡市を中心に生産されるメロンは果肉が赤色のクインシー、緑色のタカミ、緑白色のオトメなどです。 4月下旬頃から甘い香りと甘味豊富な、品質の良い果実が実り、7月中旬頃までお楽しみいただけます。 栃木県は、なしの一大産地です。 寒暖の差が大きく、雨量、日照量など の気象条件が揃っているため、甘くみ ずみずしいなしが収穫できます。 さわやかな甘さの幸水、甘みと酸味の バランスがよい豊水、栃木県オリジナ ル 品種のにっこりなど、高度な生産 技術 で出荷しています。
■ トマト ■ なす ■ たまねぎ
栃木県では、11月~6月にかけて収穫される、冬春トマトの栽培が盛んです。土地・水・日照時間の好条件のもと、環境や品質にこだわり、収穫されます。寒さの中じっくり時間をかけて栽培されたトマトは赤く、甘みとうまみがたっぷりで、果肉が崩れにくいのが特徴です。 夏から秋の代表的な野菜といえるナスも栃木県内で広く栽培されている特産品です。昼夜の温度差が大きいため実が引き締まり、自然な甘みのナスに育ちます。毎朝早くから収穫し、色合いも豊かで新鮮ななすを出荷しています。淡白な味わいなので色々な料理に合います。 たまねぎは、排水性に優れた肥沃な土壌で育ちます。栃木県では真岡市、下野市、宇都宮市など鬼怒川沿岸の沖積土地帯を中心にたまねぎの栽培が盛んです。さらに、外皮が赤いたまねぎは、真岡市と合併した旧二宮町が発祥の地といわれています。
■ にら ■ かんぴょう ■ ゆば豆腐
全国一の生産量を誇る栃木のにら。県央 を中心に県内一円で栽培され、しっかり した管理体制のもと年間を通しての出荷 が確立しています。 優れた土壌ときれい な水から、栄養たっぷりの美味しいにら が収穫されます。味や歯ざわりのよさを お楽しみください。 栃木県の干瓢は、全国生産量の98%以上を占め、本県の代表的な特産物です。 収穫は7~8月にかけて行われ、夕顔の実を紐状に剥き、真夏の太陽熱にて2日間にわたり干し上げた乾物食品です。 栄養的にもカルシウム・カリウム・リン・鉄分等が多く含まれ、加えて現代食生活に不足しがちな食物繊維も豊富なことから特に注目されており、便秘がちな方、妊産婦、お年寄りの方にも適切な健康食品です。 ゆば豆腐は大豆と水のみを使った大変シンプルな料理です。大豆は多くを輸入に頼っておりますがチャットパレスでは国産の大豆を使い皆様にご満足いただけるものをご提供いたします。
■ とちおとめ
真岡市は、イチゴの生産高・収穫高で日本一を誇ります。ハウスの中で丁寧に栽培され、豊かな土地で育ったとちおとめは大粒で、光沢がある鮮やかな赤、甘みは強く程よい酸味が特徴です。隣接する真岡市の公共施設「農産物販売交流施設いがしら」では、毎年5月末までとちおとめのイチゴ狩りが楽しめます。
Copyright(c) 2012 井頭温泉チャットパレス All Rights Reserved.